自転車旅、映画、ときどきカレー

突然、思い立って自転車旅を始めました。映画も見ます。カレー好き

四国縦断へ(その3、吉野川を下る)

5月5日、快晴。今日は日没までに鳴門の宿に着くことが目標。3日目も相棒に峠超えをお願いして、私は最初と最後を走る。合計80kmを超える、今までで一番長いロングライドだ。朝、起きてみると足の痛みはない。昨日65km走っても大丈夫だった。朝7時前にスタート。まずは、四国中央市伊予三島駅を目指す。西条市から四国中央市までの道は、急峻な山並みと青い海に囲まれた間を進む。全般に緩やかな登り。車がほどほどに多い。道路も荒れている。でも、天気がいいし、風もほとんどないので、気分よく走れる。

f:id:takefjb:20170507151125j:plain

新居浜市を過ぎた頃から登りはピークとなり、そのあとはずっと下り。予定より早く9時前には着いた。ここで交代。相棒にはきつい登りが待っている。今日もありがとう、相棒。私は、予讃線土讃線徳島線と乗り換えて、次の交代地である美馬市脇町に向かう。午後12時、合流。脇町の「うだつのあがっている」町並みを散策。

f:id:takefjb:20170507151209j:plain

さあ、後半スタート。吉野川中流から下流に向けて行くぞ!。おおー、吉野川は美しい。空の青と川の青!途中、沈下橋ならぬ潜水橋を見つけて、走ってみた。地元の人に教えてもらったが、高知県では沈下橋徳島県では潜水橋というらしい。風が吹くとあおられて落ちそうな怖さがある。こういうのを楽しめるのも、自転車旅ならではだ。

f:id:takefjb:20170507151352j:plain

f:id:takefjb:20170507151452j:plain

このあとが大変。吉野川の河口から上流に向けて風の通り道があるのだろうか、と思いたくなるような向かい風がビュービュー吹いてくる。向かい風くらい何のその、吉野川と空の青色のすばらしい風景の中を走っているんだ、文句あっかっ!。

f:id:takefjb:20170507151534j:plain

とはいうものの、だんだん、エネルギーが減ってくる。足の痛みも出現。どこかで休憩せねば。できたら、洒落た、おいしい、ベーカリーがいい。検索をかけても、吉野川の北側には何もみつからない。コンビニでもいいや、コンビニでソフトクリームを食べよう。でも、コンビニもない。途方に暮れながら、先に進む。

吉野川はますます広くなるなぁ。あ、道を間違えた、そろそろ、曲がらなければ。ここはどこだろう、グーグルマップで調べる。アレっ!こんなところに、コメダ珈琲があるじゃないか!シノワロールにソフトクリームというイメージが脳に浮かぶ。あと13km、がんばれそうだ。人参をぶら下げられた馬車馬のように、自転車を漕ぐ。着いた!オオッ、30分待ち!ああー、待つ。え、喫煙席ならすぐでもいいって?もちろん、タバコの匂いとか、シノワロールに比べれば屁の河童。ああー、五臓六腑に甘い食べ物が沁みわたっていく〜。

f:id:takefjb:20170507151716j:plain

さあ、ここからは吉野川と離れて、鳴門を黙々と目指す。エネルギー補給したので、全然大丈夫だ。鳴門駅から宿に向かう最後の最後、ものすごい登りの橋。これは苦手だ。写真では、この登りはわからないだろうけれども、これは、自転車では登れない。車でも登りたくない。怖い!

f:id:takefjb:20170507151920j:plain

しょうがなく、歩道をゆっくり漕ぐが、てっぺんから押して降りた高所恐怖症の私。潜水橋は渡れても、この橋は渡れない。こんなヘナチョコチャリダーで、日本一周なんてできるんだろうか。ループ橋とかどうするんだ。

f:id:takefjb:20170507152000j:plain

今日は合計91kmだ!もう、足が棒、ふくらはぎの後ろは日焼けで真っ赤。お湯に浸けると痛い痛い、体だけ浸かる。アイシングして、今夜も早く寝よう。明日は締めくくりの吉野川河口までの20数キロだ。